HOME

What's New(新着情報)

転職するなら20代のうちにしよう

転職をするなら、若いうちにしておくことです。企業の利益状態が悪ければ不安です。そのため、出来る限り安定性のある企業を人々は探します。しかしそれも大変です。社会的に不況になればどの企業もいつ潰れてもおかしくないからです。
そのような社会で生きていくためには、思ったときに行動することです。自分の直感を磨くことも大切です。直感が鈍ると大変です。数字しか信じることが出来なくなります。
そのため20代は転職を繰り返してもいいと思います。もちろんただ変わるだけでは能がありません。自分はなぜ転職をしようとしているのか。どのようにしたら安心できるのか。どのようなことだけは将来やりたくないのか。どのような仕事はやりたくないか。などと仕事に対する思いと向き合っていくことが大事です。
最終的には、30代でリストラされても、40代で会社が潰れても家族を安心させるようなスキルを持っておかなければなりません。そのようなスキルを得るために20代はお金を稼ぎながら動いていくのです。
もしも転職や再就職、独立をするのに専門学校や大学が必要となるのでしたら、行きましょう。それに気付いたことに感謝をしましょう。
そのようにして、考え、行動し、かき集めていけば、将来どんなことがあっても立ち直って前を向いて歩いていくことが出来ます。
今は昔とは違います。人のスキルに人がつく時代なのです。会社の名前に人が付くわけではないのです。そのためどの会社で働くかと言うより、誰と一緒に働くかと言うことの方が重要です。転職をしていきながら学ぶべきです。

HOME